So-net無料ブログ作成

<北のコナモン博覧会>せんべい汁やパスタも 3月22日まで(毎日新聞)

 八戸市と岩手県久慈市、二戸市の3市周辺に残る粉を使った食文化で地域活性化を図るスタンプラリー「北のコナモン博覧会」が9日、始まった。3月22日まで。

 八戸地域のせんべい汁など昔ながらの料理をはじめ、パスタなど粉を用いた料理や商品を販売する158店が参加。店を巡り、シールを集めて応募すると、30人に5000円相当の「コナモン(粉を使った食べ物の総称)」詰め合わせが当たる。

 初日の9日は八戸市中心街で、八戸せんべい汁研究所の木村聡事務局長の案内による「コナモン再発見ツアー」を開催し、約15人が市内2店舗を回った。喫茶店「みな実」でソバの実入りワッフルを食べた六ケ所村の市民団体役員、貝塚透さん(40)は「ソバの味や香りが思ったより強くて香ばしい。六ケ所にもコナモンはあり、まちおこしのヒントになる」と話していた。

 問い合わせは八戸市商工労政課(電話0178・43・9242)。【喜浦遊】

【関連ニュース】
埼玉県:観光サイトでアニメのカルトクイズ 「らき☆すた」など
北のコナモン博覧会:158店参加し開始−−八戸など /青森
あったかスタンプラリー:玉名名物の店巡り−−あすスタート /熊本
ホテル情報:ホテルオークラ神戸ほか /兵庫
日本海高岡なべ祭り:地元産食材生かして−−9、10日 /富山

としいちのブログ
とおるのブログ
クレジットカードのショッピング枠を現金化
2ショットチャット
クレジットカード現金化 比較

島根女子大生遺棄 2カ月、情報4百件超…逮捕へ改めて決意(産経新聞)

 島根県立大1年の平岡都さん(19)=島根県浜田市=の遺体の一部が広島県内の山中で見つかってから丸2カ月を迎えた6日、島根・広島両県警合同捜査本部長の雪野博・島根県警刑事部長が会見し、「総力を挙げ、1日も早い解決を目指して捜査に取り組む」と、犯人逮捕に向けての決意を新たにした。

 同日朝までに捜査本部に寄せられた情報提供は、フリーダイヤルの50件を含め計411件あったが、犯人に結びつく有力な手掛かりはないという。

 同本部は、島根県警140人、広島県警50人の計190人態勢を維持。平岡さんがアルバイトを終え、行方不明になった浜田市から遺体が発見された広島県の臥龍(がりゅう)山につながる国道186号に設置されているNシステム(走行車両記録装置)の解析を進めている。平岡さんが通っていた県立大の学生への聞き取り調査も12日から再開する方針。

【関連記事】
犯人像は「自己顕示欲ある20代」 島根女子大生遺棄
遺体遺棄は早朝か、通行車両捜査に重点 島根女子大生遺棄
島根女子大生遺棄 遺体付着の袋に電話会社のマーク
島根女子大生遺棄 遺体の一部から油分 付着レジ袋?片に印刷も
島根女子大生遺棄 学生有志が「安全マップ」作成

カサゴ姫
ミス下北沢
ネイルサロン
携帯ホームページ
ショッピング枠現金化

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。