So-net無料ブログ作成

<調停委員>外国籍理由に神戸家裁が選任拒否 弁護士会抗議(毎日新聞)

 兵庫県弁護士会は、神戸家裁の調停委員に推薦した弁護士2人について、同家裁が外国籍であることを理由に選任を拒否したとして、今月1日付で抗議声明を出した。家裁は「調停委員は公権力を行使する公務員で日本国籍が必要」と説明している。

 調停委員は、隣人トラブルや離婚など、民事裁判に至る前に仲介、解決を図る。選任規則に国籍条項はない。弁護士会によると昨年10月、韓国籍の2人を推薦したが、12月に選任拒否の連絡があったという。声明は「調停委員は公権力の行使と認められない」としている。

【関連ニュース】
日弁連会長選:宇都宮、山本両氏の争いに 来月5日投開票
日弁連会長選:主流派VS著名弁護士 法曹人口問題が争点
訃報:渡辺道子さん94歳=弁護士、元日本YWCA会長
懲戒処分:駅員暴行で有罪、弁護士を処分−−第二東京弁護士会
犯罪被害者:支援、弁護士らが団体設立

<500円タクシー>距離上限廃止を 大阪地裁に業者提訴(毎日新聞)
火災 給食室の一部焦がす 大阪・住之江の小学校(毎日新聞)
<窃盗>宝石2000万円分盗まれる…大阪(毎日新聞)
雑記帳 あでやかに芸舞妓が豆まき 京都・八坂神社(毎日新聞)
民主七奉行の小沢氏批判 声上げた途端に…(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。