So-net無料ブログ作成

両陛下が植樹祭出席=神奈川(時事通信)

 神奈川県を訪れている天皇、皇后両陛下は23日、同県秦野市の県立秦野戸川公園地区を会場に開かれた第61回全国植樹祭の式典に出席された。
 式典に先立ち、両陛下は同県南足柄市の足柄森林公園でケヤキやヤマザクラなどの苗木を植樹。木々が芽吹く様子などをパントマイムで表現したアトラクションを鑑賞した。 

幼稚園に放火容疑 自称俳優を逮捕(産経新聞)
性犯罪、殺人で量刑重め=死刑と無罪ゼロ、無期8人―判決521人・裁判員制度1年(時事通信)
<口蹄疫>宮崎牛 希望のエース級種牛6頭 元気に過ごす(毎日新聞)
日病が新執行部披露パーティー(医療介護CBニュース)
来たれ外国人研究者 阪大が宿泊施設、患者らも低料金で(産経新聞)

足利事件弁護士が警察庁で講演=取り調べの高度化訴える(時事通信)

 再審無罪となった足利事件の主任弁護士を務めた佐藤博史弁護士が14日、警察庁で講演し、捜査の検証結果をまとめた同庁の報告書の問題点を指摘し、取り調べの高度化などを訴えた。
 佐藤弁護士は、心理学を応用した英国の取り調べ手法などを紹介するとともに、DNA型鑑定など科学捜査のあり方について改善を求めた。講演は約1時間40分にわたり、同庁刑事局の幹部ら約40人が聴講したという。
 同弁護士は講演後、記者会見し「警察庁は第一線の捜査員の監督的な立場にある。悲劇を繰り返さないための捜査についてきちんと考えてほしい」と話した。 

【関連ニュース】
足利事件弁護人、検察幹部に講演=取り調べ可視化など訴え
足利事件「真剣に再発防止検討」=裁判員裁判、早い審理開始を
刑事に失敗許されぬ=「裁判員も参考に」
足利事件遺族に謝罪=「真犯人逃し、時効経過」
法曹人口「ペースダウンを」=時効撤廃には慎重

マイナスばかり書く、と中井国家公安委員長(読売新聞)
運動会練習で女子児童が死亡=休憩時に倒れる―大分(時事通信)
橋下知事、神戸空港民営化「兵庫県と神戸市で頑張って」(産経新聞)
高槻ポリ袋遺体 被害女性に保険金数千万円 2年前周辺で不審死(産経新聞)
首相の沖縄再訪、17日から23日で調整(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。